なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 
2018年9月23日の大崎裕史の今日の一杯

東京都墨田区押上〈スカイツリー前〉

2018年5月1日オープン。店主は広島で「永斗麺」の立ち上げ(その後、東京進出)や、東京では汁無し担々麺の「鯉のぼり」(中野:閉店)の立ち上げに協力した広島出身の「立ち上げ屋さん」。どちらも広島発の味だ。
こちらでは広島の「ふじもと」風の「太刀魚らーめん」と「汁なし担々麺」の二本柱。「ふじもと」にも少し居たらしい。

注文したのは「太刀魚らーめん」700円。鶏豚骨の白濁スープだがその脂(油)を丁寧に取って太刀魚風味のタレを加えたもの。煮干しや鰹とは違った魚介風の味。極細の麺は広島の製麺所のものらしく、よくスープを吸う。チャーシュー替わりのバラ肉(と思ったらチャーシューも入っていた)ともやしが「ふじもと」風だが、うずらの卵はない。

他の人は「汁なし担々麺」を頼んでいる人が多く、むしろ近くの人は「汁なしの店」的なイメージなのかもしれない。

満席でたまに外待ちができる人気店だがワンオペなのでかなり大変そう。なので聞きたいことなど聞く暇が無い。後会計制なのでその時に少しだけ前記した話を聞いた。

お店データ

tomoru

東京都墨田区押上1-12-4(押上〈スカイツリー前〉)
大崎裕史

(株)ラーメンデータバンク取締役会長。日本ラーメン協会発起人の一人。東京ラーメンショー実行委員長。1959年、ラーメンの地、会津生まれ。広告代理店勤務時代の1995年にラーメン情報サイト「東京のラーメン屋さん」を開設。2005年に株式会社ラーメンデータバンクを設立。2011年に取締役会長に就任。「自称日本一ラーメンを食べた男」(2015年12月末現在約23,000杯実食)として雑誌やテレビに多数出演。著書に「無敵のラーメン論」(講談社新書)「日本ラーメン秘史」(日本経済新聞出版社)がある。