なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

RAMENOID(時々)

ラーメノイドと読みます。ボーカロイドのイメージです。オイドンではありません(笑)

平均点 82.818点
最終レビュー日 2019年10月14日
2,061 1,543 0 33,686
レビュー 店舗 スキ いいね

「とろとろ昆布だしのからませつけ麺 塩+ワンタン+チャーシュー」@らぁめん サンドの写真東北5

大仙市で朝ラーした後は,盛岡へ移動。
狙うは,岩手県1位のこちら。
この日の行程はこの店への訪問を軸に組み立てたわけだが,結果として大正解だった。

店の向かいに駐車場の広いショッピングモールがあったので,ちょっと止めさせてもらって店専用の駐車場を確認,そちらに車を移動させ,再び店へ。
開店45分ほど前に到着。
もちろんポールだったが,すぐに後客アリ。
女性お一人様だったので,Sぴお君なら間違いなく心ときめいて話しかけていたかな?(笑)
次第に並びは伸びて,開店時は20人を超えていた。
並んでいるうちに貼れらているメニュー表を眺める。
醤油の「鶏そば」,「煮干し」,比内地鶏とシャモロックの「塩」,鶏と煮干しの「中華そば」と並ぶ。
もちろん塩にしようと思っていたのだが,限定の昆布出汁つけ麺が塩に変更可,つけ汁は,「比内地鶏とシャモロックの塩らあめん」とベースが同じようなのでそれに決めた。
ほぼ時間通りに開店。
迷わず,標記メニューのボタンをプッシュ。
ワンタンが100円,チャーシュー増しが200円とかなりリーズナブルだったので,それらのボタンも連打。
900円+100円+200円,計1200円也。
比較的お若い男性ご店主と奥様?という感じの女性店員とでの2人営業。
ご店主は大人しそうな方だが,作業は実に丁寧で真剣である。
「塩で」と告げながらつけ汁中に券を渡してから10分ほどで提供されたのは,深みのある汁そばの器にトルネード状に盛られた麺と,中央に具の重ねられた美しいつけ汁,藻塩と薬味の皿,増したワンタンとチャーシューの皿。
なんて豪勢なビジュアルだろう。

麺は自家製とのこと。
薀蓄によると,「岩手県産自家製自然栽培春よ恋全粒粉」,「北海道産スーパーはるゆたか」,「北海道春よ恋」,「岩手県産ねばりごし」等の拘り抜いた小麦粉を使っているとのこと。
切り刃16番の全粒粉入り細ストレート麺はとにかく極ウマ。
ニュルニュルの粘度ある旨味の濃い昆布水は,3種の昆布と宗田鰹から水出ししたそうだが,この昆布水がまた絶品。
こらだけでも十分美味しいのだが,添えられている,淡路島の藻塩,山葵,柚子胡椒党を駆使していただけば,もうこれだけでいいかもと思えるような満足感。
昆布水つけ麺は数々あれど,この時点で,もう間違いないトップクラスなのを実感できる。
次に澄んだつけ汁に浸けると,表面に浮いた鶏油がパッと開くのが美しい。
すすると再び感動が湧く。
鶏ガツン!
流石,秋田比内地鶏と青森シャモロック。
これだけの銘柄鶏だと量をぶち込みにくいところだが,しっかりと使っている。
鶏油の香りとコクは上品かつ力強い。
魚介はつけ汁からはほとんど感じないが,昆布水に宗田鰹が使われているので,ダブルでMAXの旨味が来る。
いやはや参った。
これはレギュラーメニューの「比内地鶏とシャモロックの塩らあめん」も絶対美味しいだろうね。
具は,つけ汁中に,ねぎ,メンマ,2種のチャーシュー,三つ葉。
別皿に,増したワンタンとチャーシュー。
重ねられた具は,下からメンマ,鶏チャーシュー,豚チャーシュー,白髪ねぎ,三つ葉の順。
メンマは太めのサクサク。
鶏も豚も丁寧に仕上げられた低温調理で隙のない美味しさ。
つけ汁に浸かった温かいVer.と,別皿の冷たいVer.を食べ比べるのが楽しい。
冷たい方には山葵や柚子胡椒を付けてみたりしてね。
テルテル坊主型のワンタンもまた絶品。
これ+100円だよ。
確か湯河原でワンタン増したら+250円だったと思うが,ボリュームも味わいも,あれに勝るとも劣らない。
醤油さしに入っているは,この日はレモンではなく,何とかいう南の方の柑橘類の果汁。
少し使ってみたが,実に爽やかだね。
麺量は300g近い気がした。
普通昆布水つけ麺の場合は,昆布水をつけ汁に投入するのだが,こちらの指南書では昆布水の方につけ汁を入れて味を調整するように書かれている。
味の調整とか関係なく,全てつけ汁を注ぎ入れて,ニュルニュルを完飲。

とにかくこれほどとは。
過去いただいた昆布水タイプのつけ麺では間違いなく最上位。
どうしても湯河原と比較してしまうが,あちらはデフォで1200円,ワンタン増したら1450円だった。
こちらはそれに勝るとも劣らない(麺量は多分多い)のがデフォ900円,ワンタン増して計1000円。
これはすごい。
大満足の岩手染め。
機会があったらこちらだけはマジで再訪したい。



蛇足;
ここに来る前に時間調整で田沢湖へ寄ってみた。
麺を食すだけの旅で唯一の寄り道。
山に囲まれた意外に大きな湖。
湖水浴も気持ちよくできそうだね。

投稿(更新) | コメント (18) | このお店へのレビュー: 1件