なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

RAMENOID(時々)

ラーメノイドと読みます。ボーカロイドのイメージです。オイドンではありません(笑)

平均点 82.819点
最終レビュー日 2019年10月20日
2,064 1,546 0 33,753
レビュー 店舗 スキ いいね

「塩ラーメン」@青竹手打ちラーメン おお竹の写真田村屋さん三番弟子のお店

佐野にあって,現在最も人気のある系列は田村屋さん系と言っても過言ではないと思う。
某サイトの系図によると,一番弟子「押山」,二番弟子「日向屋」,三番弟子「おお竹」,四番弟子「ようすけ」となっていて,最近の話題店である「大山」さんも,「弟子」とどこかに記載される日がいずれ来るだろう。
チャーシュー増しを2杯いただいた後,その中で未訪だったこちらに来てみた。

前店から700m,車で2分とこれまた近い。
店は道路よりも少し高く,ちょっとした水害なら浸水しないかな。
入店すると,正面に田村系の証,「一麺一心」の額がある。
店内は水害の影響か,こちらも5割程度の入り。
後会計式。
テーブル席に案内され,メニュー表を眺めると,基本の醤油系の他に塩もあるのが田村屋系らしい。
塩があるならもちろん塩を。
前2店でチャーシュー増しをいただいたので,ここも揃えようかとも思ったが,厚みのあるバラをここまで計10枚いただいているので,増しは自粛した。
価格改定があったようだが,それでも650円とお安く,本家のように塩の方が高いという設定ではないのも嬉しい。(9月にいただいた本家の塩は税込700円だった)
空いているのですぐに出るのかと思ったが,なかなか来ない。
3杯めなので腹が空いているわけではなかったが,それでも提供まで35分かかったのはどうしたことだろう。
茹で湯を交換でもしていたのかな?
それなら説明があってしかるべき待ち時間だよね。
前店が注文から3分で提供されたのとはえらい違いだ。
とにかく,ようやく提供されたのは,田村屋さん系らしい色鮮やかなナルトと緑が印象的な澄んだスープの一杯。

麺は青竹手打ちの太~細ストレート。
気泡を含んだピロピロではなく,ミシッと小麦が凝縮されたような食感は,直前にいただいたものと似ている。
この腰の強いしっかりした噛み応えの麺が,田村屋系の特徴かな。
とすると,直前の店は田村屋系の麺リスペクトなのだと想像。
佐野の多くの店で使用されるピロピロ麺が物足りない方にはこのタイプの麺の店がオススメだ。
スープは見た目通りすっきりとした味わいの塩。
動物主体で旨味を補足したような感じで,魚介は感じない。
本家の塩は,魚介や牛筋が使われ,肉片もスープの底から出てくるので,敢えてインパクトの強いスープにしようという意図が見えたが,こちらはもっとシンプル。
移転前の本家で6年前にいただいた醤油はすっきりな印象だったので,本家は開店当時とはかなり変えてきているのだろう。
独立したこちらの方が,以前の田村屋さんの味わいを残しているのだと思う。
どちらも魅力的だが,このすっきりシンプルな味わいの方が個人的には好きかな。
具は,ねぎ,メンマ,ナルト,水菜,チャーシュー。
水菜が載る佐野ラーメンはあまり多くないかもしれない。
ナルトのピンクが緑によく映え,ビジュアル的効果も大きい。
チャーシューは厚みのあるバラが2枚。
程よく軟らかで,適度に脂身が入るのも好み。
この価格で2枚載るのは嬉しいが,流石にこの日は12枚め,もういいかなと言う感じ。
もも○さんはやっぱりすごいな。
麺量は180gはあっただろう。

しっかりした噛み応えの麺にすっきりとしたスープ。
彩りも鮮やかな,田村屋系佐野ラーメンの塩。
説明もなくかなり待たされた違和感も食後にはどこかに吹っ飛んだ。
やっぱりこの系列の佐野ラーメンは好きだな。
佐野ラーメンをもっと探究したい思いが湧いて止まない。




蛇足;
昨夜の「嵐にしやがれ」では,「大和」さんが紹介され店主ご夫妻が出演していた。
しばらくマイベスト佐野ラーメンだった店。
ナイスチョイス!
ちなみに茨城のご当地,スタミナ冷やしも登場。
茨城スタミナ本家の「松五郎」さん,客の写真撮影は禁止でも,マスコミ取材は平気で受けるのは不思議だ。

投稿(更新) | コメント (18) | このお店へのレビュー: 1件

「しおチャーシューメン」@佐野ラーメン いってつの写真佐野の課題店連食

長年の課題店でいただいた後,車なら1分,300mほどのところにあるこちらへ。
比較的新しい建物で清潔感がある。
ここも普段の休日は行列ができるようだが,前店同様すんありと入店できた。
後会計式。
カウンターに通され,卓上のメニューを眺めると,しょうゆの他に,同額で塩も出ている。
なら塩でしょ,と言うことで標記メニューを注文。
価格は870円。
デフォの「しおラーメン」は650円なので,チャーシューは+220円かな。
何て思っていると,信じられないほどすぐ提供。
入店から3分というのはすご過ぎだ。
それにしても,+220円にしてはチャーシューが少ない?と思ったら,重なっているだけで下からぞろぞろ,計5枚出てきた。
前店よりもチャーシューに厚みがあるので,結果的にこちらの方がボリュームがあった。

麺は青竹手打ちの太~細ストレート。
ミシッと小麦が詰まったような麺で,前店のような気泡を含んだピロピロタイプとは一線を画す。
こちらを調べてみると,ご店主は,実家の蕎麦屋さんを継いだ時にラーメン屋さんに転じたらしく,修業先は不明だが,田村屋さん系の麺に近い感じだ。
麺にしっかりとした歯応えを求める方はこのタイプの方が好きだろう。
スープは白身魚のような香りがフッとするまろやかな塩。
動物系の旨味が主体なのは佐野ラーメンらしいが,「甘み」とも取れる味わいは,佐野の他店とはちょっと違うかな。
これもまた佐野。
いろいろあるのが面白い。
白胡麻が振られているが,胡麻と塩の組み合わせは,下手するとチープな印象を持ってしまうかも。
好きなんだけどね。
具は,ねぎ,メンマ,アオサ,ナルト,チャーシュー。
アオサを混ぜ込んで食べてみると,いい磯の香りが口中に広がる。
磯薫る佐野ラーメンはあまりないんじゃないかな。
前述したが,チャーシューは計5枚。
厚みのあるバラロールで程よく軟らかく,メチャ美味い。
適度に油が抜けていてしつこ過ぎないのもいい。
麺量は体感180gぐらい。
けっこうあった印象だ。

噛み応えのある麺が特徴,磯薫る塩。
「似たり寄ったり佐野ラーメン」と言う方もいるようだが,こうして回ってみると,店によってかなり違う。
ますます佐野にハマってしまうなぁ。

投稿(更新) | コメント (17) | このお店へのレビュー: 1件

「地鶏の塩らーめん【特級鶏蕎麦龍介(茨城)×千茶屋(群馬)】」@つくばラーメンフェスタ2019の写真今日20:00までなので連続アゲ

1杯目に並んでいる時,隣のブースで準備していた龍介さんのご店主と目が合ってしまったので,ここに並び直し。
この時点でも一番人気かな。
並び始めから提供まで70分かかった。
周年限定を除き,龍介さんでこんなに並んで待ったことはないので,心理的には微妙。
こちらも850円である。

麺は龍介製の低加水中細ストレート。
1軒めよりやや平打ち気味で太く噛み応えがある。
催事でも,間違いない仕上がりは流石。
鶏油が多めに浮かぶ塩スープも間違いない出来。
鹿児島産「黒さつま鶏」と,熊本産「天草大王」を使ったスープは,塩角なくまろやかかつ力強い。
予想の範囲ではあるが,美味しいね。
具は,青ねぎ,白ねぎ,メンマ,鶏チャーシュー。
2種のねぎの切り方が全く違うところは拘りを感じる。
黒っぽいメンマは塩気が適度で臭みなく美味しい。
鶏ムネの低温調理チャーシューは,店舗なら「火が入り過ぎ」と言うところだが,催事なので,このくらい火が入ってないとかえって怖い。
それでもパサつきなく美味しいので,催事ではベストかな。
麺量は120gほどだと思う。

間違いない味わいの地鶏塩。
「究極の…」と言っても,提供する環境が究極ではないので,その辺は残念ながら表現しきれないのは致し方のないところ。
どちらかと言うと千茶屋さんより龍介さんの傾向が強いが,実店舗の方が家から近く,塩清湯を限定で出していれば,もっと安く待たずにいただけるので,採点はこれくらいで。
当初は19:00までの予定だったのを,1日限りになってしまったので20:00まで延長しての営業。
1日長いだろうが,頑張ってほしい。


蛇足;
運営さん,今年に限って何で飲食ブースにテントを張らなかったのだろう。
雨模様なのは天気予報で分かっていただろうに。
これをいただいた時は雨が強まってきていたので,濡れたテーブル,濡れた椅子で傘を差して皆食べていた。

投稿 | コメント (14) | このお店へのレビュー: 2件

「塩ラーメン」@コイキヤホンポの写真小山の課題店

杯数減らしている影響か,佐野で2杯いただいたらけっこう腹パンになってしまったので,3軒めは諦めて帰路に付く。
ところが運転しているうちに空きスペースができてきた感覚があったので,帰り際に小山の課題店に寄ってみることにした。

店はゴルフ場やら工場やらが近くにある比較的寂しい場所の一軒家。
入店すると,やたらと一生懸命な感じの女性店員がお出迎え。
店内は満席だったので,車のナンバーを聞かれ,空いたら迎えに来てくれるとのこと。
すぐ空くだろうと店外をぶらぶら。
10分ほどで1組の客が出てきて,女性店員に呼ばれて入店。
「小粋」と言う名の店。
外観はターコイズブルーでなかなか「小粋」な感じがしなくもないが,実際常連さんが一人で飲んでたり家族連れがいたりと,店内はけっこう庶民的で落ち着く感じだ。
男性ご店主と女性店員の2人体制だが,会話を聞いてみるとご夫婦ではないようだ。
ご店主らしい男性は「小粋」と言うより癖強めかな?(笑)
後会計式。
メニューはスープの白い「白ラーメン」と,醤油色したスープの「小粋しょうゆ」の2枚看板なのだが,塩も味噌もつけ麺もある。
「白ラーメン」も塩味のようだが,ニンニクが効いているようなので,まだレビューのない標記メニューを選択。
「白」と同額の780円である。
(この日はまだ9月だったので,現在の価格は不明)
注文から10分ほどで提供されたのは,手もみの縮れた太麺と澄んだスープが印象的な,ナルトがなぜか2枚載った一杯。

麺は手もみと思われる平打ち中太縮れ。
つるっとした麺肌と強めの腰が印象的な,佐野ラーメンに通ずるところもある麺だ。
先レポには新潟の製麺所「めんつう」製だとあるが真偽は定かでない。
その麺に合わせるスープは,とてもクリアに澄み切った塩清湯。
浮いた鶏油も美しい。
太めの麺に合うように塩分濃度はやや強めで,塩角を意図的に立てたチューニング。
鶏メインと思われる動物系に和出汁だろうか。
このスープ,なかなかなものだ。
具は,ねぎ,メンマ,ナルト,半玉,チャーシュー。
ねぎは少量をパラつかせる感じだが,もう少し多くてもいいかな。
メンマは平べったく短い形状でアベレージ。
ナルトはなぜか2枚.
沈みかけていたので引き上げて並べ写真を撮った。
半玉の黄身はほぼ固まりかけている。
半熟じゃないのは今時の店では珍しい。
チャーシューは厚みのあるバラロール。
軟らかく煮込まれているが少ししょっぱめだったかな。
麺量は150gほどだろう。

クリアなスープと腰のある手もみ麺が印象的な塩清湯。
ご当地系と今風のハイブリッドという感じだろうか。
アットホームな雰囲気なので,近くだったらよく通いそうだ。
何となく写真が映えないような気がして回避した「白」も,機会があったらいただいてみたい。



蛇足;
栃木県はようやく80レビューめ。
まだまだ先は長い。
行っているのにRDB参加前なのでレビューのない店が15ほどあるのだが……。

投稿 | コメント (18) | このお店へのレビュー: 1件

「塩ラーメン+ワンタン」@田村屋の写真移転した佐野の名店

ペースダウン中だが,残った課題県,栃木をぼちぼち攻めようと佐野に来てみた。
まず狙うは,今年6月に移転オープンしたこちら。
初訪以来しばらくは,マイベスト佐野ラーメンの店だった。

大通りからも見えるが,入り口は路地にちょっと入る構造。
流石に店舗は真新しい。
テントによる日よけが外待ち席準備されていて,大量の並びに対する対策も万全。
開店時間をちょっとだけ過ぎていたが,まだ空き席があったのでスムーズに入店できた。
後会計式。
メニュー表を眺めると,メニューは「ラーメン」とその具増しがメインだが,塩もあり,平日限定でつけ麺も出している。
増税対策か,全て外税表示。
注文した塩は,648円+税,追加したワンタンは213円+税。
税率はまだ8%だったので700円+230円,計930円だったが,10月は947円になったのだろうか。
大箱で,先に入っていた客から順に提供されたのもあり,15分ほどかかって提供されたのは,海苔にに載った魚粉が印象的な一杯。

麺は青竹手打ちの多加水太中太微ウェーブ。
つるっとした麺肌で噛むとしっかりした腰がある。
ピロピロでやわらかい麺の店もけっこうある佐野において,この噛み応えのしっかりした麺を使用しているのが,人気の理由の一つだろう。
スープは,動物系の強い旨味がしっかりと伝わる間違いないもの。
調べてみると,豚や鶏の他に最近は牛スジも使っているようだ。
麺に負けないインパクトがある。
移転前にいただいたのは醤油だったが,あれも色は薄めで,好みのタイプだった。
しかし,やっぱり塩派には塩だ。
でも,醤油よりも40円高いのはちょっとね。
具はねぎ,メンマ,海苔,それに載った魚粉,チャーシュー,ワンタン。
多めのねぎは嬉しいところ。
厚みのある海苔に載った魚粉をスープに溶かし込むと,鰹節風味の塩スープに変化する。
佐野ラーメンを極めるにはまだまだ経験不足だが,こんなに鰹を感じる佐野ラーメンはあまり経験がない。
これは面白いね。
チャーシューはやわらかく煮込まれた豚バラ。
きちんと塩味で,せっかくの塩スープを壊さないのは好印象。
醤油を使った煮豚に比べて豚の臭いは残るが,私は好きなので問題ない。
ちょっと意外だったのはワンタン。
230円足したのに肉餡なしにはテンションが下がる。
それでもチュルンとした食感を楽しめればいいのだが,麺はツルツルなのに意外にザラついていた。
ワンタントッピングは完全に失敗。
麺量はワンタンを追加したので感覚は狂っているかもしれないが,180gほどあったと思う。

流石名店,移転しても間違いない美味しさ。
醤油と同価格でワンタン増さなければもっと採点は伸びただろう。
しかし,佐野で最も好きな店の一つであることに変わりはないことは確認できた。
退店時は中待ち席も埋まっていたが,次第に外待ち席も埋まっていったのだろう。
通し営業なので,時間を選んで行くことをお勧めする。

投稿(更新) | コメント (18) | このお店へのレビュー: 1件

「常陸牛そば(塩:大盛)+トリュフオイル〜タルトゥファータ〜」@活龍 期間限定麺処 みつきの写真第6弾は「常陸牛」

3か月でコンセプトが変わるこちら。
9月からの3か月のテーマは,何と「常陸牛」。
ここのところ,系列店等で出したことのあるメニューだったので,久しぶりの完全オリジナルとなる。

常陸牛…ウィキペディアによると,「茨城県で指定された生産者が飼育した黒毛和種の牛のうち、日本食肉格付協会枝肉取引規格において歩留等級AまたはB、肉質等級4以上に格付けされた牛肉の銘柄」であり,「指定生産農家による生産、生後30か月以上の飼育を目安とする、肉質等級4等以上、黒毛和種に限る、など厳しい条件をクリアした牛肉のみが常陸牛を名乗ることができる」そうだ。

休日昼,店内満員で2~3名の外待ちができている。
先に券売機で券を買う。
9月10日から始まっていた「常陸牛油そば」にも惹かれたが,まずはデフォをと,「常陸牛そば」の大盛をプッシュ。
トリュフオイルのボタンもあったので,そちらもプッシュした。
常陸牛そばは,大盛も並盛と同じ900円,トリュフオイルは100円,計1000円也。
15分ほどでカウンターに通される。
醤油か塩か選べるので,お姉さんに券を渡す時に「塩で」と告げる。
10分弱で提供されたのは,ピンク色の常陸牛ローストビーフがデンと載った一杯。

麺は自社製のザラパツ細ストレート。
この系列の清湯系によく使われる麺で,茹で具合もジャスト。
清湯系にはよく合うね。
麺を啜った途端に牛のガツンとくる旨味が口の中を満たす。
鼻腔を抜ける香りははっきりと「牛」と感じられるものだが,スープ自体はやや塩分高めで旨味が強く,甘ったるさは皆無。
今や多店舗展開するセントラルキッチンスープの店なのだが,相変わらず上手く作ってくるよね。
セントラル…と言ってもこのスープのメニューを提供しているのはこの店だけ,しかも3か月限定なのだから,価値が下がるということは全くない。
昔,北千住の店で初めて牛骨をいただき牛骨出汁の魅力を知ったが,それに勝るとも劣らないし,麺の状態から考えるとこちらの方が好きな方が多いのではないだろうか。
具は,穂先メンマ,白髪ねぎ,万能ねぎ,ローストビーフ。
ねぎ類は牛脂の重さを和らげる必須アイテム。
ローストビーフは常陸牛のモモ肉だろう。
3mmほどの厚みがあり,ペラペラではない。
流石ブランド牛,間違いない美味さだね。
3分の1ほど麺をいただいたところで,トリュフオイルを少し投入してみる。
すると,ただでさえ高級感のある和牛スープがさらに昇華。
香りに鼻が慣れてきたところで全量投入。
タルトゥファータなので刻んだマッシュルームが入るのだが,トリュフの刻みと錯覚を起こすほど香り高い。
この味変,いいね。
大盛の麺量は225gとのこと。
量的にも満足だ。

実によくできた和牛塩清湯。
牛をしっかりと感じさせながらも,ネガティブな要素を抑え込んだ秀作。
トリュフオイルをプラスさせるのは個人的にはオススメだが,+100円かけるかどうか,それは好みによる。
とにかく美味しかった。
レポするかどうか分からないが,せっかくのレポスローダウン期間なので,そのうち常陸牛油そばもいただいてみようと思う。

投稿 | コメント (18) | このお店へのレビュー: 7件

「肉・海老わんたん麺(白だし)」@らぁ麺 ひなたの写真市原市姉ヶ崎の課題店

Bさんのレポで気になっていたこちら。
レポ前の平均点は,相変わらず95点以上と超高水準。
さて,真贋いかに。

姉ヶ崎駅から20分ほど歩き,到着。
高校の真ん前なんだね。
けっこう年季の入った店舗にちょっと色褪せてきた店名入りのタペストリー。
入店すると,カウンターは満席で,手前の中待ち席も埋まっている。
調理するのは女性店主。
ガイドラインに引っかかるので容姿を詳しく書けないのがもどかしいが,かなり独特な雰囲気をもっている。
女性店主というと,てきぱきと客を裁くようなチャキチャキな方を想像するが,すごくおしとやか。
決して遅いわけでないのだが,動きは曲線的。
ゆったりした声の調子や丁寧な言葉遣い,気遣い……いわゆる「女性らしさ」全開。
その女性が店を一人で回しているのは意外過ぎる。
15分ほど待ってカウンターへ。
メニュー表を眺めると,メニューは,清湯と白湯に大きく分かれ,清湯には「黒だし」,「白だし」,「熟成醤油」があり,白湯には「濃厚鶏ぱいたん(しょうゆ)」と,「ホワイトクリィミーぱいたん(うま塩)」がある。
塩派なので白だしを選択し,肉ワンタンと海老ワンタン,両方楽しめる標記メニューを注文。
デフォ+180円の860円と,かなりお得感がある。
注文から12~13分ほどで提供されたのは,ちょっと濁ったスープにワンタンがぎっしりと載った一杯。

麺は京都の棣鄂社製細ストレート。
適度にしなやか,適度なパツ感。
関東の他の製麺所製とはちょっと違った味わいが面白い。
麺をすすると,まず鼻腔を抜ける上質な煮干しの香り。
スープを改めていただくと,鶏メインと思われる動物出汁に煮干しやら節やらの魚介がバランスよく配合された逸品。
この店主の雰囲気からは想像できないハイレベルスープにギャップ萌えしてしまうと,満点とか出しちゃうんだろうな……と想像。
いやいや,お世辞抜きに美味しい。
塩分濃度もジャストだし,動物と魚介のバランスもいい。
まさにご店主の内面が反映されているのだろう。
具は,玉ねぎ,万能ねぎ,メンマ,カイワレ,チャーシュー,ワンタン。
メンマは穂先メンマの先だけ使ったようなやわらかさが特徴。
かなりの回数ラーメンを食べているが,ちょっと記憶にない。
チャーシューはやや小ぶりなバラロールの煮豚。
やわらかくてこれも美味しい。
ワンタンは,テルテル坊主型で,肉が3つに海老が2つ。
皮チュルンで餡も多く,これならワンタンマンさんも納得だろう。
麺量は140gほどだと思う。

何かが突出した感はない。
店は程よく年季が入ってるが清潔な感じ,華美さはない。
それが,ご店主の雰囲気に実に合っている。
この日,2軒目と3軒目ではビールをいただいたのだが,この店はアルコールを置いていなかった。
それは,結果正解なのだろう。
酔っ払ったオヤジには汚してほしくない店だと感じる方は多いと思う。
採点は純粋にラーメンに対してのものである。

投稿(更新) | コメント (21) | このお店へのレビュー: 1件

「柚子塩わんたんそば」@横浜中華そば 維新商店の写真横浜連食

横浜駅東口付近で美味しい海鮮煮干しをいただいた後は,西口側に移動し,さらに10分ほど歩いて課題店へ。
狙うのは,この場所から目黒に移転した「麺や維新」さんの姉妹店であるこちら。
「新たなコンセプト」で開いた店だということで,ずっと気になっていたのだがようやくの訪問である。
麺や維新」さん時代と建物はおそらく一緒だろう。
流石人気店,開店時間を5分ほど過ぎた時間だったが,5~6名の外待ちがあった。
待っている間に壁に貼られたメニューを眺めと,メニューは,醤油味,塩味があり,醤油味には「つけそば」が設定されている。
ちょっと気になったのが,塩味は全て「柚子塩」で,醤油メニューより200円も高い。
う~~ん,どうしようか……と考えるうちに中待ちに昇格し,そのタイミングで券を買うように促された。
醤油味の「わんたんそば」は940円,標記メニューは1140円……。
悩みに悩んだが,塩派としての拘りが勝ち,柚子塩わんたんの方をプッシュ。
券をお姉さんに渡し,10分ほどでカウンターへ。
さらに5分ほどで提供されたのは,てるてる坊主型のワンタンがきれいに並べられているのが印象的な,整ったビジュアルの一杯。

麺は加水をやや抑えた感じの平打ち中太縮れ。
佐野や喜多方などのご当地系を意識したような手揉み麺だが,腰がしっかりしていて小麦の味わいも豊かだ。
美味しい麺だと思うのだが,麺を啜った時点で既にしょっぱく感じる。
スープを飲んでみると,確かに塩分は高めなのだが,麺を啜った時ほど気にならないのは不思議。
鶏と思われる動物系の旨味がガツンとくるのだが,太めの麺に負けないようにと思ったのか,塩分濃度も高め,いや,それだけでなく柚子の香りと酸っぱさが……。
想像するに,塩気と酸味の相乗効果で,舌への刺激が過多に感じるのだろう。
「柚子塩」と言うと,柚子片を載せ仄かに香らせるものも多いが,このメニューは柚子の果汁を使ったものだと思われる。
酢を使った酸っぱさよりは,柑橘の酸っぱさの方が許せるのだが,醤油+200円取られて酸味のある塩をいただくのはちょっと納得がいかない。
まあ,最初はそう思ったが,これだけの旨味ガツンは大したものだと思うし,そのうちこの味わいにも慣れ,美味しく食べ進める。
具は,ねぎ,穂先メンマ,三つ葉,チャーシュー,ワンタン,ピンクペッパー。
多めの三つ葉の和の香りは,しょっぱめスープを和ませてくれる。
チャーシューは肩ロースの低温調理。
いい部位を使っていてとても美味しいのだが,かなり薄いのは残念。
ワンタンは,挽肉がぎっしり詰まったものが計5個。
+250円なので,1個換算50円は納得。
皮は薄めでつるんとしているので,この感じならワンタンマンさんも納得だろう。
麺量は150gオーバーと言ったところだろう。

麺もスープも具も美味しいが,個人的には塩気の高さと柚子の酸味が嗜好に合わず。
しかし,塩ワンタンとしてはかなりのレベル。
しょっぱくても個人アベレージを付けたいところだが,やっぱりお高めに感じるので,採点はこれくらいで。
柚子果汁抜きで塩気を抑え,価格940円なら85点は少なくとも付けていたと思う。
柚子が苦手な方もけっこういるだろうから,塩を食べたければ柚子塩しか選択できないと言うのは問題だ。
醤油と同じ価格,または+50円くらいで柚子抜きメニューを置くのが妥当なのではないだろうか。


蛇足;
これで神奈川県100レポめ。
神奈川も真っ赤に染まった。

投稿(更新) | コメント (17) | このお店へのレビュー: 1件

「昆布水つけ麺(塩)」@つけ麺 山崎の写真関内駅近くの新店

スローダウン中だが,横浜方面に用があったので,ちょっと気になった9月10日開店の新店に来てみた。
駅から7〜8分歩いた場所にあるマンションの1階店舗スペース。
入店すると,男性スタッフ3人でのお出迎え。
ちょっと薄暗い和の空間が広がっている。
券売機に向かうと,麺メニューは,「昆布水つけ麺」が筆頭で,「醤油らぁめん」,「塩らぁめん」と続いている。
店名にも「つけ麺」と冠しているので,昆布水つけ麺のボタンをプッシュ。
900円である。
券を渡すと,「醤油か塩か選べますが。」のアナウンス。
それは嬉しい,もちろん塩で。
券を渡してから7~8分で提供されたのは,備前焼と思われる渋い器に盛られた具沢山の麺とつけ汁,2つくっついたような小皿に盛られた塩と山葵,徳利に入っているのは昆布水のようだ。

食べ方指南に従い,まずは徳利の昆布水を麺に注ぐ。
この昆布水だが,がごめ昆布を使用しているようで,かなり粘度がある。
麺は,三河屋製麺製の細ストレート。
しなやかで腰が強く,小麦の味わい豊かな逸品。
使っている小麦粉は「春よ恋」とのことだが,流石三河屋さん,美味しい麺を作るね。
ヌルヌルになった麺に薬味皿に載った粗塩や山葵を絡ませ,ちょっと楽しんでからつけ汁にIN。
つけ汁は,軽く濁った塩清湯。
「こだわりの食材」と題された蘊蓄書きに,「青森県産軍鶏ロック」や,「鳥取県産大山鶏」が挙げられていたので,てっきり「鶏と水」的な味わいなのかと思ったが,その他の旨味も加わった重層的な味わい。
蘊蓄書きにはないが,魚っぽくはないので貝だろうか。
とにかく,ヌルヌル昆布水に負けない強い旨味と塩気。
そう,塩気……細麺なんだからもう少し弱めでもいいんじゃないかな?
具は,麺上に,海苔,塩昆布,とろろ昆布,白と青の細ねぎ,紫玉ねぎ,2種のチャーシュー。
つけ汁中に,紫玉ねぎ。
昆布水だけだはなく,塩昆布やとろろ昆布も使って昆布尽くしにしているのは面白い。
ねぎは,京都府産九条ねぎを使用しているとのこと。
青い部分を眺めのに切っているのも面白いし,紫玉ねぎを使うなど,彩りにもこだわっている。
チャーシューは,鶏ムネと豚肩ロースの低温調理。
どちらもかなりレアで,肉そのものの味わいを楽しむタイプだ。
麺量は250gほどだが,いろいろ楽しむうちにすぐになくなった。
麺を食べ終えるころ,フロア担当の方が,「鰹の一番出汁の割スープです。と」ポットを持ってきてくれる。
昆布水つけ麺の場合,麺側の昆布水で割らせて終わりのことも多いので,このサービスは嬉しい。
徳利に残った昆布水と麺側の器の昆布水注ぐと,かなりのヌルヌルになるのだが,それでも飲み干すには塩分濃度は高過ぎだったので,鰹の香り高い熱々スープがすごく満足度を高めてくれた。

がごめ昆布のヌルヌル昆布水使用,高級地鶏+アルファの旨味の濃いつけ汁の塩清湯つけ麺。
少々塩分濃度が高過ぎだとか,粗塩よりももう少しこだわった塩(例えば藻塩とか雪塩とか)を使った方がいいとか,まだまだ改善の余地はありそうだが,なかなかの代物だった。
期待の新店というところだろう。
ネットで検索したら,3年前に閉店した店で,国分寺市日吉町に「つけ麺 山崎」という同名の店があったので,帰り際に関係があるのか聞いてみたところ,全くの無関係とのことだった。
「ああ,」と言ってから答えてくれたので,私が初めてではなく,何人かに聞かれたのかもしれないね。
一応店舗情報に載せておいた。
まだ認知度は高くないようで空いていたが,これから徐々に認知されれば行列店になると思う。

投稿(更新) | コメント (16) | このお店へのレビュー: 1件

「ガパオ麺+餃子+生×2+ハイボール」@日高屋 土浦西口店の写真駅前での飲み

これまで身近に日高屋さんはなかった。
遠征までして行く店ではないと思うので,日高屋さん飲みは私にとってあこがれだった。
ところが,この9月,土浦駅前についにオープン。
と言うことで飲みに来た。

土浦駅からつながるペストリアンのデッキ向こう,市役所が入っているウララビル2階入り口付近左側に発見。
店舗は牛丼屋さんのような庶民的な感じで,カウンターと2人掛けテーブル。
驚いたのは券売機なこと。
皆さんのレポで,すっかり後会計式なのかと思っていたのだが……。
しかし,グルコさんのレポへの皆さんのコメントを見ると,日高屋さんで券売機製の店舗は珍しいらしい。

まず,生のボタンを2回プッシュ。
通常330円なのだが生ビール祭り中は290円也。
次いでビールに合いそうなまぜそばと餃子のセットも連打。
290円×2+800円,計1380円也。
券を全て渡すが,ビールは1杯目を飲んでから2杯目をと注文。
まずビールが登場。
一番搾りの生,290円,イイね。
2杯目を注文すると,一緒にぎょと餡のかかったまぜそばも提供される。
餃子……特筆すべきところはないのだが,無難に美味い。
280円で6つなのだから文句はない。
では,いよいよガパオ麺にいってみよう。

麺は黄色っぽい平打ち中太微ウェーブ。
やややわらかめの茹で具合で表面の粘つくもちもち食感。
上にかかった餡は,鶏ひき肉とバジルを餡でとじた感じ。
辛いの?と,身構えたが全く辛さはないのかと思うほど緩やか。
ヘタレでもほとんど感じないので,唐辛子やラー油をかけたくなる方もいろのではないだろうか。
私は大歓迎。
青菜はパクチー?とか,これまた身構えたのだが,バジルかな。
味わいは好み。
でも,麺も餡もすごく温いね。
私は熱々にはあまりこだわらないのだが,こだわる方なら大きく減点だろう。
ビールがなくなったので,ハイボールを追加。
麺をそのままで券売機まで買いに行くのが億劫だ。
やっぱり飲む店は券売機じゃない方がいいな。
ジョッキのハイボールは通常価格の280円。
ガパオ麺の麺量は200gくらいかな。
ハイボールとともに完食完飲。

計1660円の飲み付きディナー。
今はガパオ麺は終了しているようだ。
温いのは残念だったが,餃子とともにビールのお供としてはよかった。
券売機制なのはちょっと残念だが,ようやく日高屋飲みができるようになったのは嬉しい。
レポは上げないと思うが,また時々使うと思う。



蛇足;
スローダウンします。
最初は週2〜3のレポ。
そのうち週1ペースかな。
多分半年ほどです。
RDBをのぞかない日もあると思うので,コメ友さんにコメントしない日も増えます。
そのうち完全復帰しますので見捨てないでください。

投稿(更新) | コメント (19) | このお店へのレビュー: 1件